古座川ブランド認証

滝鮎

img

鮎釣りの話をもっと聞くために、
むかしから古座川で鮎釣りをしているという、
麦わら帽子のよく似合うおじいちゃんを訪ねました。

――小さい頃からずっと鮎釣りをされてるんですか?
それはもう、ずっと。
小さい頃は竹を、4本くらい継いでやってたんよ。
私が高校生くらいまでは漁業権なんかもなくて、
誰でも好きに捕ってたから。
――それからいまでも続けているのは、やっぱり楽しいから……
うん、楽しい。
一瞬のヒキが、
かかったその瞬間がね、やっぱりすごいんよ。
もちろん、みんなそれに憧れてやっとるんやと思うけど。
――特に印象深いことを教えてください。
特に大きい24センチ以上の鮎がかかったときは、
引く力で竿がピュッて鳴るんよ。
それを、糸が切れるか、
引っかかってる身が切れるか、
その一か八かのやりとりで捕る。
そういう面白さがありますね。
夏になると、
麦わら帽子に長靴、そしてとても長い竿を持った影が、
古座川にたくさん現れます。
このおじいさんもその一人。
いつもにこにことしているのに、
鮎釣りの話をはじめた瞬間に顔つきが変わりました。
そんな元気なおじいさんたちの捕る鮎はきっと、
ぴちぴちとしてとても元気に違いありません。

紀伊半島のいちばん南から、 すこしだけ北へ行ったところにある古座川町。
少し寒い朝には、 谷に川霧がたまって前が見えなくなります。
そんな山深いこの町をながれる古座川は、 平成の名水百選にもえらばれた清流です。

うじゃうじゃと川をのぼってくる、モクズガニ。
岩のあいだからひょこっと顔を出すウナギ。
夜になると目がぴかぴかと光るテナガエビ。
そして、きれいな水のなかを素早く泳ぎ回る鮎。
地元でのおじいさんたちの会話は、 そんな川のはなしでもちきりです。

なかでも鮎は大人気。
いまでは遠くから多くの人が釣りにやってきます。
けれど、鮎が惹き付けるのは人だけではありません。
古座川では夏におおくの天然鮎がのぼって、
秋に川がうずまくほどの大群が産卵をします。
それを狙って川岸にサギの行列がずらり、
普段は静かな古座川町が、一気ににぎやかになって、 人も動物もお祭り気分になってしまうんです。

img
photo

あゆの魅力

古座川鮎の一年

2月初旬。
海水と川水の温度が一緒になると それまで越冬していた鮎たちがのぼってきます。 おそるおそる、何度か真水に身体を慣らしながら、 少しずつ、上流へと向かいます。 はじめのころは群れをなしていた鮎も、 上流に向かうにつれて、からだもぐんぐんと大きくなり、 縄張りを持って住む場所を決め始めていきます。

6月1日。
ついに古座川では鮎漁が解禁です。 川の中で長い竿を持つ姿が、よく目につくようになります。 メジャーな友釣りに加え、 滝をのぼる鮎を狙った「トントン釣り」や、 一気に鮎を囲い込んでしまう「コタカ網」など、 伝統的な漁法も行われます。
9月ごろになると。
鮎は産卵のために少しずつ降りてきます。 身体つきも黒ずみ、 腹に卵を抱えた鮎は「落ち鮎」と呼ばれ、 今度はそれを狙った人(や鳥)で川はにぎやかになります。 船の上から火を振って追い込む「火振り漁」などの、伝統漁法も行われます。
産卵は河口で行われ、 孵化した稚鮎は一気に海まで下ります。 そして海で、春を待ちながら、少しずつ成長していくのです。

認証
あゆとは

古座川ブランド認証

古座川ブランド認証とは

豊かな自然に恵まれた古座川。
急峻な山々と澄んだ谷川が育んだ安心安全な生産物を、 きちんと伝えていきたいという思いから、 古座川ブランド認証制度がはじまりました。
現在は「はちみつ」と「鮎」を対象に 厳しい認証基準の作成と、 より良い品質を保つためのマニュアル作成を行っています。 ほんとうにいいものがきちんと評価され、 長くのこっていく仕組みづくりを目指し、 今後より幅広い品目を認証できるよう取り組んできます。
ブランド認証マークは、 古座川の自然を構成する太陽と山、そして川を表現しています。